サイトリニューアル第1段階完了。TOPページと全記事の修正を徐々に行っています。表示くずれがあるかもしれないですがご報告ください

種族を決めるおすすめな方法【ステータスと違いまとめ】

2019 9/01
種族を決めるおすすめな方法【ステータスと違いまとめ】

種族の違いやおススメの決めた方についてまとめ。

pso2ではキャラクリで色々決めますが、種族を決めることは今後ずーっと関わってくるので重要な要素です。

実はステータス種族によって差があるんです。

1度決めると変更できませんのでキャラを作成する前に知っておきましょう。

何が違うのかどう決めるのがいいかを書いてみます。

目次

選べる4つの種族とは

画像

種族とは・・・プレイヤーキャラクターが選べる人種。4種族が存在する

pso2は自分が操作するキャラクター(俗にいう自キャラ)を自由にクリエイト出来ますが、種族を必ずどれか選びます

ヒューマン、ニューマン、キャスト、デューマンの4種。

ゲーム始めるときに必ず選ぶのでキャラ作るor初めてプレイするときは事前に決めておきたいところですね。

種族のほかにクラスという職業みたいなのも決めていきますがそれは別記事で紹介します。

 

変更できない

種族は途中から変更できない

これが一番の注意なんですが、途中から変更は出来ません!

もし違う種族をやりたいなら別キャラクターを作るしかないんです。3キャラまでは無料で作れますがキャラが違うとクラスのレベルが別なので育成もし直し

なので種族決めるのはプレイするうえで非常に重要です。

 

肌カラーだけは他の種族に変更できる

画像

種族の変更は出来ませんが、肌カラーは他の種族のカラーが選べます

後述しますが、種族によって肌カラーが決まっているんですよねー元々は出来なかったのですが、2018年10月のアプデにて、肌カラーのみ変更できるになりました。

変更にはSGのエステ利用パスS、もしくはエステ無料、利用パスが必要です。

 

分布

画像

公式の種族分布はこちら。

毎年アークス調査で運営が色々な状況レポートみたいな感じで公開されます。まぁリアルタイムではないし1年単位だからあくまで参考程度。実際入れ替わってることがありますし。

これ見てわかることは、まず女性キャラが多いこと。しょうがないね。男性プレイヤーが多いんだもの・・・

その中でもヒューマンやデューマンが多い傾向のようです。

 

種族の決め方は2つ

画像

おすすめな決め方

  1. 見た目
  2. ステータス

ずばり、結論からまとめると大きく分けて2つの決め方に分かれます。

ステータスの差は実際にプレイしているとほとんど誤差(HPはちょっと違うきもするが)なのであまり気にしなくていいと思いますのでまずは見た目だと思いますねー

このゲームはキャラクリがすごいですし、長く使うキャラになると思うので見た目=キャラクタークリエイトのモチベーションも大事。

それでは以下にそれぞれのクラスごとの違いをみていきます。

 

ヒューマン

画像

見た目:人型タイプ

ステータス:バランス

よくある人型のタイプです。種族のあるゲームだと名前違うかもしれないけどありますよね。

悪くいえば特徴はないけどよく言えばどれもバランスが取れてるため特に困らないって感じ。

ちなみにどのクラスもですが、画像にでてくるのはあくまでサンプルキャラなので実際は自分で好きなようにキャラクリできます。

 

肌カラー

画像

肌カラーとしてはオーソドックスな肌色を基調として決めれます。

以降はヒューマンを軸として違いを見ていきますね。

 

ニューマン

画像

見た目:人型、所謂エルフ耳

ステータス:HP低い、法撃力が高い

見た目的にはヒューマンとほぼ一緒ですがエルフ耳が特徴になっています。エルフ耳が好きな方におすすめ。

HPが低い代わりに法撃が高いという極端な特化タイプ。

 

エルフ耳

画像

そのエルフ耳なんですが、短い耳も選ぶことが出来ます。

ヒューマンっぽくすることも実は可能なので耳を短くしたい場合でもなんとかなります。

 

キャスト

画像

見た目:ロボット

ステータス:HP高い、打撃力は中々、射撃力は高い、法撃低い

見た目でわかりやすいですがロボっぽいところが特徴。実はただのロボじゃなくて設定としてはフォトンに体が耐えられないので体を機械にしたのが始まりだったり。

ロボが好きな方におすすめ。女性は肌部分が多い傾向。

ステータスはニューマンと逆ですね。打撃、射撃も中々高いので法撃除けば高い部類

 

ヘッドパーツ

画像

ロボっぽいということで結構違いがあります。

まず頭をパーツのような感じで変更可能です。ちなみにヒューマンのようにも出来ましてキャラの体格を別で設定が保存できます。つまり、1キャラでロボと人型が味わえるという。

ただ、目や耳が違う、首などに線が入っていてロボっぽさは残ります

 

ボディ、アーム、レッグ

画像

身体はいわゆるキャストパーツと呼ばれるものがあり3つで構成されます。

ボディ、アーム、レッグ。これを組み合わせることが可能。はいざっくりですが4つ決めれます。

ちなみにキャストの場合は肌カラーではないためどの色でも選べます。

 

画像

他にもイヤータイプというアクセが3種、女性の場合はマスクタイプという顔バリエーションも選べます。

 

ホバー

画像

他に走行モーションが二足歩行だけでなくホバーが選べます。

ホバーにロマンを感じたらキャスト。迷ったらキャスト。

 

デュ―マン

画像

見た目:オッドアイ、角、肌が白い、専用のボディペイント

ステータス:HP低い、打射法撃力が高い

見た目は他と比べても違う要素が多いです。

HPはニューマンの次に低いけど攻撃全般は高い。

 

オッドアイ

画像

一番特徴と思われるオッドアイ

両方別にすることも出来ますし、一緒にもできます。あと目も特殊なタイプがあり暗いところで光る。

オッドアイなキャラ作るならデューマン一択。

 

画像

も特徴。

これも設定できますが、隠して見えなくすることもできます。

 

白い肌カラー

画像

まだある。

肌のカラーは白いような色になります。上のヒューマンと比べてるとよくわかりますが全然違う。

肌の色を近づけることも出来るけど微妙に違うので注意。

 

ボディペイント

画像

専用のボディペイントもあります。

ペイント自体はだれでも使える機能ですがこの模様のはデューマン専用です。色は3種。

 

ステータスの違い

画像

次にステータスの話。

画像はレベル1の時ですが基本的にはレベルがあがっても100いかないほど。・・・が苦手と得意な種族で比べると100程の差が出たりします。

ちなみに男女でも若干差があります。

 

ですが、実際の戦闘においては1%くらいの違いなんです。

なので持ってる武器やそのほかの要素で補えるレベルですし、そこまで気にする必要はないかと思いますね

例外としてHPの違いは他よりは影響があるように思えます。ステータスは割と他の要素でも補えますがHPが100くらい違うと一発耐えるか耐えないかってことも。強いて言うならHPかな。他には法撃力だとニューマン女性が飛びぬけてます。

 

◆もっと強いていうなら

  • 攻撃(打撃)重視ならデューマン
  • 攻撃(射撃)重視ならキャスト、デューマン
  • 攻撃(法撃)重視ならニューマン
  • 耐久重視ならキャスト
  • 打撃、射撃よりのバランスならヒューマン男
  • 射撃、法撃よりのバランスならヒューマン女

見た目より誤差でもステータス命!って方がどこまでいるか分からないですが、上記の通りかなーと。

ステータスで決めるなら個人的には打撃、射撃、耐久のバランスがいいキャスト、法撃に特化しているニューマンがいれば打射法だいだいいい感じになると思っています。

 

・・・ですが、ほんとに差がそこまで出ないので、まずはやっぱり見た目で決めるのをお勧めしますけどね!

 

まとめ

経緯
  • 種族は4つ
  • 途中で変えれないので先に決めておきたい
  • どの種族になっても他の種族の肌カラーに変更できる(エステパスが必要)
  • ステータスの差はそこまで影響しないため、見た目で決めてしまったほうがいい
  • どうしてもステータス重視ならやりたい打撃、射撃、法撃、HP重視などで決めよう

 

ロッティ
もしかして私がニューマンだから法撃キャラにしたんですか?
ギリアム
うん、そうだよ!(メインが打撃、射撃だったから法撃やってみたくてノリで決めたのは秘密だ・・・)

・・・ちなみに個人的なおススメはキャスト!パーツやアクセサリーの組み合わせも出来ますし、ついでにステータスもいい感じ

種族はそこまでステータス差ないのでほんとうに見た目で決めてしまっていいでしょう。

むしろ色々なキャラクリしたくなって、キャラを増やしてそのついでに少しでも特化させるとかしてもいいかもしれませんね。

いずれにせよ変更出来ないので後悔ないように決めましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
目次