サイトリニューアル第1段階完了。TOPページと全記事の修正を徐々に行っています。表示くずれがあるかもしれないですがご報告ください

TCGの1vs1のルールまとめ

2019 11/07
TCGの1vs1のルールまとめ

PSO2のトレーディングカードゲームのルールややり方をまとめていきます。

興味持っている人、まったくない人、など参考になれば幸いです。

実際にやっていますが、カードゲームとして面白い!PSO2のゲームを再現したり、ゲーム内ではできないことも組み合わせて遊べちゃう。

 

この記事ではルールややり方、用語なども解説していきます!

総合まとめはこちら。

あわせて読みたい
PSO2TCGの遊び方の総合まとめ
PSO2TCGの遊び方の総合まとめファンタシースターオンライン2のカードゲームの遊び方をまとめ2018年3月22日(木)からリリースされた、オンラインゲーム通称「PSO2」のトレーディングカードゲーム。T...

目次

ルール

画像

実際にやらないと何も評価できないので、体験会・そして実際にプレイしてみました。

まず、TCGの定番であるデッキが必要です。

デッキの枚数はクラスによって変わる一風変わって形。デッキ=HPとなりますのでつまり、そのHP分の枚数を用意することになりますね。

例:ハンターはHP54、レンジャーはHP50、フォースはHP48

 

ちなみに同じカードは3枚までです。

 

勝敗

画像

勝利条件は1つ。それは相手のデッキを0枚にすることです。逆に自分のデッキが0枚になったら敗北します。

どうやって減らすかというと、主に出したキャラクターカードの攻撃で相手のデッキを減らす形です。遊戯王みたいなライフポイントはないです。

ただ、毎ターンドローしたり、デッキの効率を回すためにはその他の手段でドローしないといけないので、そのあたりのバランスが戦術にも関わってくる仕組みで戦略性があります。

 

ONOFF

画像

このTCGでは、縦向きにおく準備が出来ている状態のことをON(オン)、横向きにおく待機状態のことをOFF(オフ)、と呼ばれています。

キャラクターが最初に出たときや攻撃したときはOFFになります。

中にはOFFにすれば効果が発動したり、最初からON状態で出てくるカードもありますね。

 

オフラインとオンラインを意識しているのかも。

名前が違いますが同じ感じで横向きに置いたりするのは他のTCGでもあるある

 

フィールド

画像

こちらが戦闘時に使うフィールドになります。このマットは体験会で貰えました。今後も貰えるようになるかも。

番号名称内容
PLAYERプレイヤーの代わりになるプレイヤーカードをデッキとは別に1枚置ける。始める前に最初から置いておく。攻撃したり、特殊な効果を発動できます。効果発動の内容が先攻後攻で違う(先行はコストが重いなど)
MAGマグのカード。始める前に最初から置いておきます。特殊な効果を発動できます
FORWARDキャラクターカードをプレイして出すときに最初に置かれる場。場に出す時は必ずOFF状態(待機状態、横にして出す)
BACKキャラクターが戦闘によってキャラクターごとのHPが半分以下になったら移動する場。いわゆる負傷。ターン開始にHPは回復するがBACKにいるカードはもう1度HPが半分以下になるとTRUSHへいく
PPフォトンポイント。PPは各カードをプレイ・効果を使うのに必要なエネルギー的なもの。そのPPとするカードを置く場。PPを使う時はOFFにする。PPは毎ターン最初にONにする
DECKデッキ置き場でありライフポイント。いわゆる山札
TRUSH使い終わった各カードの置き場。いわゆる捨札。キャラクターカードがHP0になった場合もここにくる。

名前は専門用語チックなのもありますが、だいたいどのカードにもある感じ。

PPやBACKの概念はちょっと特殊かもだけど基本のTCGとあんまり変わらず。むしろPPとかPOS2らしさの名前になっているのもありますね。

プレイヤーのクラスで大きく戦略が変わります。

 

カードの種別

名称特徴種類
プレイヤープレイヤーカード
  • 最初に場におかれる
  • 特殊効果あり、攻撃も可能(相手に攻撃力あれば自分もダメージ)
  • 裏表で先行後攻の効果が違う
  • 武器、ユニットを装備できる
  • クラスによってHP=デッキの枚数が違う
クラス
マグマグ
  • 最初に場におかれる
  • 特殊効果あり
マグ
キャラクターキャラクター
  • 相手プレイヤーや相手キャラクターに攻撃が可能
  • 武器、ユニットを装備できる
  • PPエリアに置いてPPにできる
NPC,エネミー
アイテムアイテム
  • 武器は1枚、ユニットは3枚を同じキャラクターorプレイヤーカードにセット可能
  • PPエリアに置いてPPにできる
武器ユニット,アイテム
アクティブフォイエ
  • 特殊な効果あり。使い捨て
  • クラス固有のカードもある
  • PPエリアに置いてPPにできる
PA,テクニック,イベント
レイドエネミー画像
  • マルチパーティのレイドバトル専用のカード
  • エネミーのキャラクターや攻撃技などがある
エネミー

カード種別をすべてまとめ。いずれかに分類されます。今後増える、役割が増える可能性もありますが、現状は5種類+1(エネミー)

プレイヤー、マグは1枚ずつで、残りのキャラクター、アイテム、アクティブで構成する形。攻撃出来ること、PPにもなることを考えるとキャラクターは多めにいれることになるでしょう。

基本スターターも発売されていますが、その構成としては、キャラ=22枚、アイテム=4枚、アクティブ=4枚でした。

エネミーカードは複数プレイヤーで行う協力対戦(レイドバトル)で使われるものになります。1vs1対戦では使いません。

 

何をするにもPPが必要になるわけですが、デッキのカードはすべてPPになりえるため、なんのカードを取っておくかなども戦略になります。あと、PPになりえるため手札事故(モンスター、キャラクターがこないよう、PPたまらないよう等)ってのがこのゲームでは起こりにくいです。

 

見かた

画像

番号名称内容
コストカードを出すためのPPコスト。例では属性が赤(Hu)で5となっているため、最低1枚はPPに赤がある状態でPPを5消費する必要がある
名前キャラ名
属性・クラス属性、色で呼ばれる。赤(Hu,Fi)、青(Ra,Gu)、黄(Fo,Te)。アクティブカードにクラスアイコンがあるとそのクラスでしか使えない
種類キャラクター、アイテム、アクティブごとの名称。効果の対象になることも
効果そのカードが持つ特殊な効果
攻撃力キャラクターのHPやプレイヤーにその数値分のダメージを与える。
HPヒットポイント。0になったら捨札へ、半分以下になったらBACKへ移動。毎ターン開始時に回復

いくつか表記があります。

すべてのカードにどれかしらあったりしますね。

ちなみに、コストですが、同じ色のPPが1枚でもあればすべて同じ色にする必要はなく出せます。例えばゼノなら赤色1枚あってPP5分消費すればOK。1色でもあればいいのでまだらくですが実際にデッキ組む時は1、2色かにしたほうがよさそう。

 

ターンの流れ

画像

戦闘の流れはこんな感じです。

TCGによくあるようなフェイズわけですが、まぁPPの設置ぐらいが特殊なだけどシンプルなフェイズ。

先行後攻決めはじゃんけん。先行後攻に応じて、プレイヤーカードを裏表にして始めます。

手札はお互い5枚。そして先行は最初のターンのみドロー不可。

 

PPフェイズでは1枚セット出来ますが、同時に、デッキから1枚引くかどうかの権利を得ます。引かなくてもいいし引いてもいい。これが結構忘れがちなんですよね

終了フェイズでは手札が8枚以上になったら1枚捨てる必要があります。

 

戦闘

画像

メインフェイズの戦闘ではまた流れがあります。

ON状態のキャラで攻撃対象を選んだあとに装備していれば武器の効果を使うかの判定があります。その後戦闘。で結果によって変わります。

攻撃対象はプレイヤーにダイレクトアタックするかキャラクターに攻撃するかは、いつでも任意に選べます

 

画像

一例を出します。パティvsメルフォンシーナの場合、パティを使って攻撃したとします。

この時攻撃は3でメルフォンシーナはHP2なので、HPは0に。シーナの攻撃は3でパティはHP4なので1残りますよね。結果シーナはTRUSHへ、パティは生き残ったんですがHPが半分以下になったのでBACKへ移動します。

ってな感じで攻撃対象を選んで行っていきます。戦闘はすべて1vs1で処理されます。

 

設置例

画像

今まで書いてきた内容をふまえて、フィールドに各カードを置いた状態を例として作ってみました。

PPは合計3(赤、無印、青)が存在しているため、青であるアフィンを召喚可能。アフィンのコストである1を消費(OFF)にしてアフィンをセットしています。

最初にセットされるときは動けない状態=OFFになっているのでこのターンはアフィンは何も出来ません。かわりにオーザはON状態なので攻撃できます

 

最後に

画像

ルールですが、自分はホント昔ですがTCGをそこそこやってたのもあったのかまだ分かり易いかなーって思いました。

あと知っている人いないかもだけど色々とルールがガンダムウォーに似ています。PP(国力)とかデッキ0とかONOFFとか色とか。デュエマにも似ているかと思う。

 

ちなみに実際結構楽しかったですよ協力対戦(マルチパーティ)も別の戦術や共闘感もあって盛り上がりました(・∀・)

レイドバトルも他のゲームにはない要素かと思いますし。

 

始めるためにおススメな買い方

最初っからお金をかける必要はないと思いますので、出来るだけ安く、かつ充分強い構成で気軽に始めるのが一番いいかと思います。

実際にプレイしているので出来るだけリーズナブルな方法を考えてみました!

 

1番安く始めるならやはり基本スターター

パックも入ってるのでこれだけでも組み換えながら戦えます!Hu、Ra、Foお好みで。

 

2019年4月20日からさらにFi、Gu、Teのスターターもでます。限定のパートナーカードが強いですしラインナップも強化されているのでクラスのこだわりないならこちらがおススメ。

 

更に強くしたい!でもお手軽がいいなら、vol1-3で戦技大会デッキ

あくまで基本スターターなので、ここからさらに強くしたい!って場合はお手軽さと言えばEP1であった戦技大会のデッキがおススメ。vol1-3で戦技大会のカードが当たります。

いいところとしてはレア度が低くても戦えるので1box~からでもなんとかなるっちゃなる

 

色々やりたいけどもっとお得なのないの?って方はリミテッドエディション

まるごとパックみたいなのがあります。これにはゲーム内アイテムコードもついてくる

2つあるんですが新規で始めるなら2のほうがいいかと思います。

 

気がるに始める方法やがっつり始める方法もありますので是非デュエル!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
目次