サイトリニューアル第1段階完了。TOPページと全記事の修正を徐々に行っています。表示くずれがあるかもしれないですがご報告ください

pso2クラウドの始め方まとめ。Switchのおすすめ環境と設定

2019 1/18
pso2クラウドの始め方まとめ。Switchのおすすめ環境と設定

サービス開始されましたがpso2クラウドの始める方法をまとめ。

Switchは独特。

また、そのためのハードであるSwitchのおすすめな準備なども紹介していきます。

目次

準備と設定

ちなみに自分も購入してやっています。

ということで実際に使っている視点でガッツリお届けしていきます。

 

pso2クラウドのプレイに必要な準備

  1. SEGA IDの取得
  2. Nintendo Switchのセットアップ
  3. ニンテンドーアカウントの連携
  4. クラウドアプリの無料ダウンロード
  5. 通信環境の用意

とりあえず最低限必要なのは大きくわけて5つ。

これが出来ればプレイできますね。

もちろん任天堂Switchがないと出来ませんのであることが前提です。やる人でまだなら用意しておきましょう。

 

SEGA ID

画像

PSO2を始めるにはSEGA IDが必要になります。

アカウントを作ってログインするのはこういったゲームにはありがちなのでpso2にもあるよって話です。

ID登録はSwitchではできないので事前に準備しておきましょう。

 

セットアップ

画像

SwitchもかってIDも用意したら、お次はSwitchの初期設定

購入してから起動すると親切な案内が続くのでしたがって行けばOK。テレビにつなぐのは面倒であればあとでボタンを押してスキップするといいでしょう。

後から変更も出来るのでもし間違えてしまったら設定から変更しましょう。

 

ニンテンドーアカウント

画像

あと、ニンテンドーアカウントも必須です。

これも準備しましょう。任天堂の他の機器やインターネット、ショップ等に使われてりします。

あとSNS連携もこのアカウントが必須。

ニンテンド―アカウント登録はこちら

 

連携

画像

アカウントを登録ができたら、switchでユーザ設定から連携を押します。

 

画像

はい、連携完了!

これでアカウント関連は終わり。

いずれも簡単なのですぐ終わります。

 

アプリダウンロード

画像

アプリのダウンロードの方法はニンテンドーeshopからできます。画像の赤枠)

次にeshopに入ったら検索で「pso2」って入力するとでてきますのでダウンロードすればOK

時期によってはニュースリリースで一番左のボタンにあるゲームニュースにも出てくるかもしれません。容量も少ないのですぐ終わります。

容量が少ないのが利点でもある。

 

通信環境

クラウドでは大容量の通信をするので「802.11ac 5GHz」or「ブロードバンド対応の有線LAN環境」が推奨

運営は推奨と記載していますが、実際必須レベルで環境が違うのでどちらか用意しましょう。

ちなみに、802.11ac 5GHzってのは簡単に言うと今までより高速なデータ通信が出来る。と覚えておけばいいです。

実際にありとなしでスピードを測定してみました。

 

画像

802.11ac 5GHz、非対応のネットワークの結果

 

画像

802.11ac 5GHz、対応のネットワークの結果

pso2クラウドのアプリを立ち上げると測定も出来るので実際にやってみた。

推奨している環境とそうでないとでは厳しいことがわかります。ネットワークスピード判定良好だと普通に動きますね。

ただ、低速はこれ文字だけでなく実際に厳しいです。

オープニングムービーの時点でラグってるときもあったりしましたし・・・そして低速の人はログインすらままならない状況もある模様。

 

ちなみに802.11ac 5GHzでも低速になるという人もいるようです。対応してても機器自体が古いとか実は制限があるかもしれません。

なので基本的には推奨されている環境を揃えること(「802.11ac 5GHz」or「ブロードバンド対応の有線LAN環境」)大前提として強くおすすめします。

 

対応策

ロッティ
ラグがあるとうまくプレイできないし嫌な気分になるかもしれないです。。
ギリアム
オンラインゲームは通信環境を用意するのって大事だよね。。クラウドゲームならなおさら。無線ルータ自体は家にあっても他でも使えるし快適になるから、802.11ac 5GHzに対応したのに変えてもいいと思う

 

具体的には、固定回線がある方で無線ルータ802.11ac 5GHzに対応してない人orしてても低速になる人には・・・・特にバッファローのWHR-1166DH4あたりがおススメ。

これは自分も家で今まさに使っているんですが、設定もお手軽ですし電波もしっかり拾ってくれて、その割に802.11ac 5GHz対応の中ではコストパフォーマンスに優れていますよ~

 

もしSwitch以外にも家族で重めの通信(ネトゲ、youtubeの高画質動画とか)見るなら無線ルータは複数に送信するため、速度が低減してしまうので本来の力を発揮できません。

その場合は複数に同時送信できる機能を持っててその中で、まだ安めなi-oデータのWN-AX1167GR2がいい感じ。引っ越す前に使ってました。

これは2台までなら同時に送信できます。

 

便利アイテム

画像

実は役に立つアイテムもいくつあります。

Switchには3つのモード(置き方使い方)があるんですがその中で、画面を立てて、コントローラ(ジョイコン)だけ持ってプレイするテーブルモードってのがあります。

これ、ジョイコン含めたコントローラのようにセットしても軽いし使いやすいんですよねー

しかし、switchの充電は画面の下。つまりそのまま直置きすると充電しながらプレイ出来ません。不便・・・

 

ってのを解消するのがスタンドです。特定の角度で固定もできて、かつ充電もしながらプレイ出来るようになるのでぶっちゃけ必須なんじゃないかと思うほどあると使い勝手が変わります。

最初は必須じゃないだろwって思ってましたがコメントでも便利だよーと頂いて使ってみたら便利でした。。

個人的にはタブレットやスマホにも使えて角度を自由にいじれるスタンドにしています。

 

タッチペン

画像

(C)Nintendo

タッチ操作は、パネルが静電容量方式のタッチスクリーンになっています。つまり普通のタッチペンではなくスマホで使えるようなタイプのタッチペンが必要になります。DSとかで使えたのは使えないってこと。。

その割にはSwitchには付属もないし、格納する場所もないんですよね。。

個人的にはタッチペンで文字打ってたので欲しい。。ってことですが公式はないようなので以下のスマホでよく使われているらしいのを選びました。

 

最後に

画像

このTOP画像、他のハードにもきてほしいなぁ。。かっこいい。

環境が整ったら後は遊ぶだけ!

fpsがそこまでってのもあるので、Switch自体はvita以上、ps4やpc以下っていう予想通りな形となりましたね。判定が良好だったら普通に遊べますのでぶっちゃけ環境によって変わってきます。

 

今回は始めるための話に特化しましたがこれからもまとめていきます。何か不明点あったら聞いて貰えればと思います~

環境や準備以外にもプレイするうえでの注意や他のプレイヤーが使うハードとの違いも知っておきましょう!

画像

PSO2クラウドのブロックと他ハードの違い制限まとめ

2018-03-17

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
目次